【個人情報取扱事業者が不正の手段により個人情報を取得している事例】 個人情報の保護に関する法律についてのガイドライン(通則編) 

出典元:個人情報保護委員会 

 

  1. 事例1)十分な判断能力を有していない子供や障害者から、取得状況から考えて関係のない家族の収入事情などの個人情報を、家族の同意なく取得する場合
  2. 事例2)法第23条第1項に規定する第三者提供違反をするよう強要して個人情報を取得する場合
  3. 事例3)個人情報を取得する主体や利用目的等について、意図的に虚偽の情報を示して、本人から個人情報を取得する場合
  4. 事例4)他の事業者に指示して不正手段で個人情報を取得させ、当該他の事業者から個人情報を取得する場合
  5. 事例5)法第23条第1項に規定する第三者提供制限違反がされようとしていることを知り、又は容易に知ることができるにもかかわらず、個人情報を取得する場合
  6. 事例6)不正の手段で個人情報が取得されたことを知り、又は容易に知ることができるにもかかわらず、当該個人情報を取得する場合

 

要配慮個人情報の取得(法第17条第2項関係)

個人情報取扱事業者で、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめ本人の同意を得ないで、要配慮個人情報を取得している方

  1. 法令に基づく場合
  2. 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
  3. 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
  4. 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けたものが法令の定める事務を遂行することにに対して協力する必要がある場合であって、                                                                                                                                                       本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  5. 当該要配慮個人情報が、本人、国の機関、地方公共団体、第76条第1項各号に掲げる者その他個人情報保護委員会規則で定める場合
  6. その他前各号に掲げる場合に準ずるものとして政令で定める場合

規則第6条

法第17条第2項第5号の個人情報保護委員会規則で定める者は、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1)外国政府、外国の政府機関、外国の地方公共団体又は国際機関

(2)外国において法第76条第1項各号に掲げる者に相当する場合

 

政令第7条

法第17条第2項第6号の政令で定める場合は、次に掲げる場合とする

本人を目視し、又は撮影することにより、その外形上明らかな要配慮個人情報を取得する場合

法第23条第5項各号に掲げる場合において、個人データであるよう要配慮個人情報の提供を受けるとき。

 

上記に該当される場合の方は「いいえ」を選択してください。

※個人情報保護委員会ホームページにジャンプします。

 

 

法人名: ツアン・システム有限会社

設立年月: 2004年8月

 

高度管理医療機器等販売業・貸与業 

許可番号 第7005-114号

 

所在地: 〒336-0026

埼玉県さいたま市南区辻3丁目1番地24

 

営業時間 10:30 - 18:30

(月曜日-金曜日)

(上記営業時間外)ご連絡可能時間 19:30 - 20:30

(月曜日-金曜日)

 

 

TEL 048-710-8228

FAX 048-710-8203

当社従業員:保有資格:

  1. 第2種ME技術者                                                  
  2. 電気通信主任技術者 (データ通信)                        
  3. ITパスポート                                                            
  4. 第一種衛生管理者                                                 
  5. 二級知的財産管理技能士(管理業務)                  
  6. 三級知的財産管理技能士(管理業務)                                                                                                                
  7. 第一級陸上特殊無線技士                             
  8. 赤十字ベーシックライフサポーター                

【各商標について】

 

§COOL \CHOICE 、§Fun\To\Share、§smart \m ove、Plastics\Smart、§COOL\CHOICE∞一回で受け取りませんか、大気環境配慮型SS乃至§イーアス\e-ASは、環境大臣の登録商標です。

§プレミアム\フライデー、パートナーシップ\構築宣言、事業継続力強化計画∞認定、は経済産業大臣の登録商標です。

SECURITY\ACTION\★∞セキュリティ対策自己宣言、iパスは、独立行政法人情報処理推進機構の登録商標です。スポーツエールカンパニーはスポーツ庁の登録商標です。

NIED\National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention防災化研  乃至NIED∞防災化研は、国立研究開発法人防災科学技術研究所の登録商標です。

知的財産管理技能士は、一般財団法人知的財産研究教育財団 の登録商標です